弁護士はどんな時も頼りになる必要不可欠な存在

交渉と特約

無過失の事故では保険会社は示談交渉できない

たとえば、自動車を運転していて、信号待ちで停止ていたところに、後ろから追突されたとします。 この場合、こちらの過失はまったくありませんから、相手に100パーセント賠償を請求できます。その際、相手が素直に賠償に応じて対応してくれたらいいのですが、誠意を見せずに賠償に応じないケースもあります。 そんな時に保険会社がいるから大丈夫じゃないかという声も出てきそうですが、この場合、こちらの加入している保険の保険会社が示談交渉することは弁護士法上禁止されているのです。 そうなるとこちらはやられっぱなしで終わってしまうのかと思うかもしれませんが、そんな時のために役に立つのが自動車保険における弁護士費用補償特約なのです。

弁護士費用補償特約を付保するメリット

この弁護士費用補償特約というのは、文字通り、弁護士費用を補償してくれる特約なのです。上限300万円まで補償してくれる保険会社が多いです。 この特約があれば、追突などでこちらが無過失の事故で、相手が賠償に応じない場合でも弁護士に相談したり、法的手続きを採るなどの手段によって解決することが可能なのです。 弁護士費用補償特約は、年間にしても約2,000円で付保することができますので、ぜひ付けておきたい特約であります。 ちなみに、法理相談費用補償特約というものもありますが、こちらは、自動車事故における法律相談の費用を補償するだけのものですので、訴訟費用などの補償はありません。ですので、その点は気をつける必要があります。

Copyright© 2015 弁護士はどんな時も頼りになる必要不可欠な存在All Rights Reserved.