弁護士はどんな時も頼りになる必要不可欠な存在

税理士や弁護士

それについてどんな商品やサービスがあるか

遺産相続の際に税金対策が必要なケースがあるとすれば、父や母の遺産を子供がただ1人で相続したケースなどがまさしくそれです。そもそも相続税非課税枠は5000万円+相続人の数×1000万円という計算式となっており、要するに余程の金額とならない限り相続税は結果的に課税されないことになります。 ところが初めから相続税が非課税となると決めつけてトラブルに発展する場合も皆無ではありません。そんな時のために相続税に詳しい弁護士や税理士に電話で相談することも1つの手です。近年では簡単な質問を電話で行い、数分で問題が解決するパターンも少なくありません。こうしたサービスを専門家が無料で提供することは今や当たり前の礼儀であると言えます。

それについて競合のものにどんなものがあるか

相続税に関する業務を行う弁護士や税理士に競合する存在はいくつか見られるものの、遺族自身が弁護士や税理士などの仕事を奪う可能性も皆無ではありません。分かりやすく言えば個人で行う節税であり、例として葬儀費用や借入金などは相続した財産から控除されます。 租税の申請は法律に基づくものでなければならない一方で前例主義の方針も採用されており、在住の自治体や税務署職員個人の対応によっては課税や控除などの基準が異なります。自治体職員や税務署職員などから間違いを指摘されたら事後に訂正するものであると割り切り、恐れることなく自由な解釈の元に葬儀や遺産を巡る様々な出費を経費として計上することも一概に悪いとは言い切れません。

Copyright© 2015 弁護士はどんな時も頼りになる必要不可欠な存在All Rights Reserved.